友山クラブ→写真集から
友山クラブ写真集
大自然を迎えにいってきました 

2008年9月、友山クラブ会員有志の作品を集めた写真集が刊行されました(限定配布)。

本ページでは、写真集に収録された会員の作品各3点の中から、各自1点をご紹介します。
(作者氏名の50音順)

 表紙: 川口邦雄 「朝の奥穂高岳3190m」 
 撮影地: 北穂高岳

はじめに  〜出版にあたって 〜

大自然のすばらしさに出逢ったとき、それが巨大なものでもささやかなものでも、まず感動し、それをほかの人々に見せたいと思いませんか?

私たち友山クラブの仲間はいつもそう考えています。そんな作者たちにきっと自然はこころよくついてきてくれるでしょう。

自然の良さを感じるのは一人一人の気持ちです。みんなも同じじゃないかと思われるでしょうが、たとえば、同じところに一緒に出かけても、作者その人の気持ちというものは、風景の中で独特の生命を宿しています。それは深くこまやかなもので、実はそのものは写真に直接、写っているものなのです。

これは写真というものがメカニックな表現手段でありながら、心と直結した不思議な機能の特性があらわれているからでしょうか。それは自然という対象にまことに相性がよいものです。このことは経験した方ならばすぐおわかりでしょう。

私たちは写真でこのようにそんな心で自然を迎えにいってきました。一緒につれてきた自然大魅力と、どうぞこのページごとに対面してください。


友山クラブ代表 (日本山岳写真協会長)
川口 邦雄

川口邦雄  仙乃日峰6032m  斜陽 
撮影地: 中国 四川省 沖古寺

青山 雅宣  セロ・トーレ  3128m
撮影地: アルゼンチン パタゴニア

安達 高治  ナイアガラ カナダ滝飛煙
撮影地: カナダ

飯田 敏彦   朝光に染った西岳
撮影地: 大望峠

伊藤 憲治   梅里雪山  太子峰 6740m
撮影地: 中国 雲南省 飛来寺

梅原 冨美子  こでまり
撮影地: 東京

江中 恵一  神女峰6054mの朝
撮影地: 中国 雲南省 飛来寺

大山 恭司  アルパマヨ 5947m  夕景
撮影地: ペルー ブランカ山群

岡田
岡田 孟  蠢く精
撮影地: 大分県 九住町

加藤 忠一   日本隊初登頂のヒマラヤ ピーク29 7871m
撮影地: ネパール バーラポカリ

加納 昭明  タムセルク 6623m
撮影地: ネパールヒマラヤ

小宮五男  柿の秋  
撮影地: 静岡県 裾野市

白鳥 貞夫  笠雲とマウントクック 3764m
撮影地: ニュージーランド 南島

竹花 晃  ヌプツェ7855m 輝く
撮影地: ネパールヒマラヤ

田代 嘉宏  雲わく夏
撮影地: 北岳稜線

野本 喜代枝  地形の神話
撮影地: アフリカ ナミビア

番匠 信夫  マチャプチャレ6993m 夕照
撮影地: ネパール アンナプルナBC

村上 陽子  玉龍雪山5596mの朝焼け
撮影地: 中国 雲南省 萬鼓楼 

盛光 亘  ゴーキョピークからの展望
撮影地: ネパールヒマラヤ

綿貫 聚  亜丁雪山  
撮影地: 中国 四川省 亜丁村

あとがき   〜編集にあたって〜

友山クラブは、山岳写真家・川口邦雄先生(日本山岳写真協会長)を代表者とする写真クラブで、クラブ創設以来30有余年の歴史があります。クラブ写真展も本年度で21回を数え、毎年9月に四谷駅前・日本写真会館(ポートレートギャラリー)で開催しています。

私たちのクラブは、その名の通り山を主題にしたテーマで作品つくりをする会員が多く、ヒマラヤをはじめ海外の山から日本のアルプスまで多くの山岳写真を撮影していますが、最近では、風景・自然・人文にわたる広い範囲で撮影活動する会員も多くなっています。

本写真集はいままで世界各地で撮影した作品の中から、仲間たちがそれぞれお気に入りの作品(ベスト3)を選定し、写真集として纏めたものです(掲載は50音順としました)。

なお、本写真集の出版にあたっては出版社「アスカネット」小林敬太郎氏にご尽力いただきました。
また、月例会では川口邦雄先生の作品紹介やスライド&デジタル・プロジェクターによる会員作品添削・指導を行っており、その概要はホームページでも公開しています。
2008年9月
友山クラブ事務局総括  加藤忠一 記
川口邦雄先生(写真中央)と友山クラブの仲間たち
(第20回友山クラブ写真展前夜祭で  2007年11月)

トップページに戻る