2007年1月、ツアーに参加して世界最高峰エベレストを撮影する旅に出た。
私にとって初のヒマラヤ撮影であり、またツアーに同行された川口先生に初めてお会いした旅行でもあった。
天候にも恵まれ素晴らしい展望と撮影を経験できて、生涯忘れられない旅になった。



私たちはカトマンズ空港からヘリコプターで出発した。



途中ヘリコプターは山の中腹にあるルクラ空港に立ち寄り、
そこから一気に上昇してシャンボジェへ。



ヘリは標高3800mのシャンボジェ飛行場に着陸。



目的地までは約1時間のショートトレッキング。
酸素ボンベ持参で迎えにきたホテルのスタッフと記念撮影。



ホテルに到着。
真正面にエベレストが聳え立つ。



ホテルの食堂からの眺め。
ここに2日間滞在して、ゆっくり展望と撮影を楽しんだ。



正面に見える山々。
左・エベレスト(8848m 世界第1位)  右・ローツェ(8516m 世界第4位)



つづいて、
左・アマダプラム(6812m)  右・タムセルク(6623m)



早朝、先ず最初に陽が射すのは八千メートル級のエベレストとローツェ。



その後、周りの山々が赤く焼けはじめた。



日中は、丘を少し下って近くを散策した。



そして夕景。 エベレストは赤く染まり黄金色に光る。


タムセルク



アマダプラム



帰りも飛行場までショートトレッキング。
高山病になった数人は馬に乗って行った