「2012年天体ショー 無手勝流撮影結果」   白鳥 貞夫  Sadao Shiratori

2012年5月21日朝の「金冠日食」が話題をさらった。目視用グラスや写真撮影用の高濃度NDフィルター(1/10000)が在庫切れになる騒ぎに、小生は天邪鬼を起こして「無視」を決め込んでいた。当日は天気予報どおりの曇天で「ザマミロ」と思っていたが、激しい雲の流れに「ひょっとすると・・」と思い立ち、拙宅近くの利根川の河川敷に出かけた。道具は一眼デジカメ、望遠ズーム、PLフィルターのみ。高速シャッターに防振レンズだから三脚は持たない。目は常用のサングラスで少々眩しかったが、今のところ後遺症は出ていない。

時々薄くなる雲の間から三日月のような太陽が顔を覗かせ、いい加減な露出設定でシャッターを押してモニターを確認すると、何とか写っていた。


07:22 

金環食の状態で雲が薄くなり、露出オーバーで太陽像が少し滲んだが、雲の濃淡が写った。


07:35


田植えが終わったばかりの田んぼに金環食が映っていた。上を向いて直接撮影と下を向いて田んぼ反射撮影の繰り返しで露出を変える余裕がなかったが、もっと工夫の余地があったかもしれない(小生の余生中に再撮影の機会は無いが)。


07:27 水面の揺れと露出オーバーで太陽像が崩れた。


07:36 金環食が水面に映った。


6月6日昼にも金星が太陽面を通過する天体ショーがあった。この日も天気予報どおりの曇天だったが、用事があって家を出て空を見ると、雲間から太陽が透けていた。急いで家に戻ってカメラを掴み、天を仰いでシャッターを押した。金星と黒点がほくろのように写っていた。


12:58