友山クラブギャラリー私の旅写真→「三つ峠の富嶽百景」

私の旅写真  「三つ峠の富嶽百景」  武田 忠男

(発表:2010年2月例会)

私の写真歴は高校生のころからで、経歴は長いが腕はそれほどでもありません。
二十数年前から職場の写友達と富士山の撮影に行くようになった。いずれも飲ん兵衛仲間なので、写真撮影か夜の宴会が目的なのかわからなくなってしまうことが多い。しかもそれが私たちの楽しみの一つであります。

仲間たちと富士山撮影のポイントと言われるところを何箇所か撮り歩いたが、お気に入りの場所は三つ峠である。三つ峠には「三つ峠山荘」と「四季楽園」という山小屋があるが、私達の行くのは「四季楽園」の方である。

私はきわめて杜撰なフィルム管理をしているので、データーや撮影状況を説明する資料がありません。また撮影日時の記録さえ無いものもあります。したがって個々の写真の説明は省略させていただきます。

あえて、何枚か説明すると、
表紙の写真はNo.9と同じ場所で撮影したもので、夜の帳が下りてからの撮影で、意外と幻想的な色合いに仕上がったと思います。

No.1の写真は、6×6判250mmのレンズに2倍のテレコンバータ2本を連結させて撮影したもので、ややピントが甘いかなと思います。

No.7 の「台風一過」の写真ですが、三つ峠に向かっている電車の中で「台風のため以降の電車は運休になりますのでお帰りの電車はありません」と車内放送されていて、台風の真只中に向かって行き、台風が通り過ぎた夕焼け雲は素晴らしかった。

2010・2  友山クラブ会員 武田忠男


「三つ峠の富嶽百景」


作品 1


作品 2


作品 3


作品 4


作品 5


作品 6


作品 7


作品 8


作品 9


作品 10


ギャラリー目録へ戻る